読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

背読という読書法を提唱したい

本は好きだし、たくさんの本を読みたいと思っている。

けれど読書が好きかと言われたら、それはちょっと自信がない。
 
例えば読書が好きな人は常に本を読んでいる人だ。
読んでいる時間が好きで、その本をいつまでも読み続けていたい人だ。
 
しかし、ぼくは違う。
なんなら早く読み終わりたい。
「その本を読んだ」という状況になれればいいのであって、その時間を楽しんでいるわけではない。
 
一方で本屋さんは好きだ。
どんな本があるのか、そしてそれがどんな本なのか。
タイトルと、帯と、何行かの内容紹介。
それを読むのが好きだ。
その本の背表紙を読む。
背読という読書法を提唱したい。
 

 

大人のための読書の全技術

大人のための読書の全技術