微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

PK戦は敗者を決めるためのものじゃない

冬の高校サッカー選手権大会を観た。決勝は青森山田と山梨学院。90分と延長戦を戦うも2-2で決着がつかず。PK戦の結果、山梨学院が優勝を飾った。

ぼくはというと、地元の矢板中央高校が準決勝で負けてしまったため、決勝はPK戦しか観ていなかったのだが、PKを決める選手、外す選手、またキックを止めるGKと、選手ごとにいろんな感情を想像してしまい、なかなかに心を揺さぶられる大会だった。

 

特に特徴的だったのは、PKを外してしまった青森山田の選手。負けが決まった瞬間、人目をはばからず号泣する姿を観て、ぼくもなんとも言えない感情になった。

もちろん優勝した山梨学院は素晴らしい。絶対的な優勝候補である青森山田に対して、2-2でPK戦に持ち込み勝利したことには文句のつけようもないし、彼らが『勝者』であることは疑いようがない。

では、一方で青森山田は果たして『敗者』だったのだろうか。サッカーにおけるPK戦は残酷なもので、運に左右される部分が少なくない。もちろんキックの上手さ、GKの読み等の実力が出る部分はあるのだが、それでも右に蹴るか左に蹴るかを当てられるかどうかなんてギャンブルの要素が強い。

野球で言えば、ホームラン競争で勝ち負けを決めるようなもの。それまでの激闘を思えば、PK戦で勝負が決してしまうことはなんて残酷なことだろうと思う。

 

そもそもPK戦がなぜ行われるかと考えると、大会運営上の「勝者」を決めるためのものだ。リーグ戦のように試合の結果としての「引き分け」が許されるものと違い、トーナメント戦では「勝者」を決めなければならない。だからこそ強調したい。PK戦は大会としての「勝者」を決めるためのもので、「敗者」を決めるものではない。君たちは「敗者」なんかではない。だからそんなに泣かないでほしい。

 

★★★

 

準決勝の山梨学院と帝京長岡の試合もPK戦で勝負が決した。ぼくがとても印象的だったのは、帝京長岡の選手がPK戦で笑顔を見せていたことだった。蹴る前に笑顔だったことについては、そこにある大きなプレッシャーを和らげるためにあえてやっていたことなのかもしれないが、PKを外した選手も笑顔を見せていたことには少し驚くのと同時に、「いや、それでいいよなあ」と思ってしまった。

 

もしかしたら「PKを外したのに笑っているなんて」と思う人もいるかもしれないが、本当にPK戦なんて運がほとんどだ。決める、外すがはっきり分かれるから、責任が特定の選手に偏ってしまいがちだが、その選手がいなければそもそもPK戦に持ち込めなかったかもしれないし、「彼が外したから負けた」なんてことには絶対になってほしくない。

 

だからこそ、「うわ、外しちゃったよ」というような笑顔を見せる選手こそをぼくは肯定したい。外した瞬間に泣き崩れるほどに責任を感じる選手ももちろん素晴らしいと思う。ただやっぱり、彼らのこれまでの努力やここに掛ける想いを考えると、彼らを「敗者」という言葉に紐付けてしまうのはあんまりだ。彼らは何にも敗けていない。だからこそ、胸を張っていい。笑顔でいていい。

 

★★★

 

高校サッカー選手権大会で流れるテーマ。

 

うつ向くなよふり向くなよ

君は美しい

戦いに敗れても

君は美しい

 

この歳になって聞くこのテーマ。こんなに響くとは思わなかった。本当に、君たちは美しかった。

加湿をめぐる戦争

ある日、仕事が終わって家に帰ると、嫁が大騒ぎしていた。手にはコップとスプーンを持ち、なんというかぼくには「コップの中の水をスプーンで家の壁へぶっかけようとしている」ように見えたのだが、嫁に「何やってるの?」と聞くと、本当に「コップの中の水をスプーンで家の壁へぶっかけようとしている」と返ってきた。

 

聞けば、家の加湿器が壊れたらしい。ぼくの住んでいる家は冬場にものすごく乾燥する。最近の家は気密性が高くなり、乾燥するようになったとのことで、ぼくの家もそれに漏れずめちゃくちゃ乾燥する。生活する上で適度な湿度は40%~60%ほどとのことだが、この家に住んでから冬場に湿度を40%に保つのすら、なかなか大変だった。

 

そんな中で加湿器が壊れたということで、乾燥をとにかく嫌う嫁は湿度をあげようと、水を壁にぶっかけようとしていたらしい。湿度計を見たらその針は20%台に落ち込んでいた。このままでは大変危険な状態だ。なにが危険かというと、乾燥によって体調が悪くなることじゃない。この湿度によって、嫁が発狂してしまうことだ。

 

なんとかまだ人間としての意識を保っている嫁にぼくは言った。「今すぐに加湿器を買いにいこう」。嫁はうなずいた。まだ理性は失っていないらしい。ぼくらは閉店まで1時間を切る中で家電量販店へと車を走らせた。

 

★★★

 

新しく買った加湿器はスチーム式の加湿器にした。加湿器にはその加湿の方法によって何種類か種類があるとのことで、前までは気化式という電気代に優しいタイプを使っていたのだが、今度はとにかく加湿能力の高いスチーム式のものにした。お値段は2万円くらいした。

 

新型加湿器はというと、それなりに頑張ってくれてはいるものの、それ1台で湿度を急激にあげることはなかなか難しいようだった。ぼくの家はリビングが大きく開けており、また吹き抜けもあるため、いくらパワーの強い加湿器でも部屋全体の湿度を上げきるのは難しいらしい。

 

そこで嫁はエアコンの設定温度を大きく下げることにした。乾燥の原因はエアコンにあると目をつけたらしい。今までは25度くらいに設定していたのだが、それを22度に下げ始めた。これにはぼくはまいってしまった。ぼくは基本的に寒がりなので、どちらかと言えば"室温派"の人間であるのだが、嫁は言うまでもなく極端な"湿度派"。湿度のためなら少しばかり室温が犠牲になることも厭わない。ぼくがなんか寒いなあと思っていたらエアコンが止まっていたのにはビックリした。このままではぼくのほうが発狂してしまう。"室温派"と"湿度派"が共に暮すことはできないのか。"室温派"にもなれず、"湿度派"にもなりきれない、哀れで虚しい可愛い娘がサンなのか。「黙れ小僧!!」なのだろうか。(なにが???)

 

★★★

 

そうこうしていると、ぼくのケータイが鳴った。相手は加湿器を買った家電量販店。実は新しい加湿器を買うのと同時に、前の壊れた加湿器を修理に出していたのである。ただ、家電が壊れたともなれば、そんな簡単に直るともぼくも思っていない。前の加湿器も2万円弱はしたような気がするが、それを直すのには1万円か、もしくは新しいのを買うのと同じくらいの金額がかかってしまうのではないか。そんな予想をしていた。だからこそ新しい加湿器を即買いしたのだ。大丈夫。そんなに甘くは考えていない。

 

「2750円です」。電話の相手は言った。ぼくはまあまあ驚いた。一桁多い覚悟をしていたからだ。修理にかかるお金を聞いて、高ければ修理しないでいいやとも思っていたのだが、それならぜんぜん直してもらってかまわない。なんということだ。「戻ってきた!黄泉の国から戦士たちが帰ってきた!!」状態である。こんな嬉しいことはない。いやまて、大丈夫か? 加湿器の毛皮をかぶった偽物で、油断しているうちに毒矢を撃ってきたりしないだろうか。ぼくは慎重に前の加湿器を受け取った。なんと意外と思われるかもしれないが、偽物とかじゃなくて本当に加湿器だった。加湿器は戻ってきたのだ。

 

★★★

 

というわけで、今は加湿器を2台使うことでなんとか湿度を保つことができている。エアコンの設定も極端に下げなくてもよくなった。タタラバに平和が訪れたのである。

 

人間が生活する上で、湿度は意外と重要なものだそうだ。湿度が下がると喉も痛くなるし、風邪もひきやすくなる。乾燥する冬場で湿度を快適に保つのはなかなか大変なものがあるが、ぼくはそんなみなさんに「生きろ」と伝えたい。

 

 

2020年を振り返って~その1~

しばらくブログを更新していなかったけど、2020年を振り返ってみることにする。

 

①サッカーについて

Jリーグを家でTV観戦するのが生きがい、いやもはや"生業"である僕にとって、コロナによる中断はもはや生きている意味を失ったかのような悲しいできごとだった。

それからなんとかJリーグが再開できることにはなり、僕としては本当に嬉しかったのだが、待っていたのは「土日→水曜→土日→水曜→土日」の悪魔的な連戦。

観ているこっちからすれば土日にサッカー観て、また水曜日にもサッカーを観ることができて、本当に楽しい毎日だったのだが、やっている方はめちゃ大変だったと思う。

そんな連戦でメンバーを固定できるわけはなく、各チームメンバーを入れ替えながらの戦い、また「降格なし」という特殊なレギュレーションもあって、本当に「特殊なシーズン」だった。本当にお疲れ様と言いたい。

 

個人的に応援している横浜Fマリノス栃木SCに関しては、どちらも中位で終わってしまったことは残念な結果だった。

特に横浜Fマリノスは今年は優勝して次のシーズンとして連覇がかかっていたこともあり、相当に期待していたのだが、コロナ日程に加えてACLに参加するためのさらに過酷な日程に苦しめられた印象。

満を持して臨んだACLも決勝トーナメントの1回戦で敗退。僕もACLを観るためにウキウキしてスカパーに加入したのだが、その1試合で目的を果たしてしまったため、1ヶ月2000円近い視聴料がその1試合のために消えてしまった。。。

 

栃木SCについては2019シーズンがぎりぎり降格を免れたということで立て直しを図るシーズンだったが、10位で終わったのはまあ悪くない結果だったと思う。

"ストーミング"と呼ばれる、とにかく前からプレスをかけ続ける戦術が見事にハマり、サッカーファンに少なくない驚きを与えたんじゃなかろうか。

特に大卒ルーキーの明本は、ストーミングサッカーの中でその特徴を存分に発揮し7得点。センセーショナルなルーキーイヤーとなったと言えるだろう。

ただ驚きを与えすぎて、来季は浦和レッズへの移籍が決まってしまったのはとても悲しい。もうちょっと控えめに驚きを与えておくべきだったんじゃないかと思ってしまう。なんなら驚きを与えずにこっそり7得点してくれば、、、と思ったけど、こっそり7得点ってなに?

 

 

 

Jリーグはオフシーズンになったが、もうすでに選手の移籍の情報が飛び交っている。マリノス栃木SCの選手も入れ替わりが発生していて毎日ワクワクしながらヒヤヒヤもしている。

本当に毎日楽しい。来季もJリーグを楽しみたい。

スマホを変えた。それをぼくは「釈放」と呼ぶよ

ケータイを変えた。いわゆる機種変更というやつだ。昨年の11月に使用期間2年を迎えた前のスマホ。そのタイミングで変えようと思っていたが、国の規制かなんか分からないけど、いわゆる「2年縛り」というものがなくなり、「え、それじゃあべつにいつ買い替えても変わらないのか」ということでダラダラと使い続けていた。

 

そんなこんなでずーっと薄く「そろそろ買い替えたいな」と思っていた私。とくに大きな理由はないものの、少しずつそのボルテージは上がっていき、ようやく昨日、機種変更をすることができた。

 

スマホを買い換えるメリットは数多くあるだろう。スペックがよくなることでの快適度アップ、画面が大きくなることでの視聴環境の改善。しかし私が感じた一番大きなメリットは「スマホ選びからの解放」だった。

 

「2年縛り」がなくなり、言わば買い替えのタイミングがなくなったことで、訪れたのは時間の無制限。そのことで私はこの1ヶ月間常にスマホのことを考える生活を余儀なくされていた。通信会社はどこが最適なのかから始まり、端末をどれにするか、SIMフリーとはなんなのか、ネットで買うべきか、実店舗で買うべきか、お日柄はやはり「大安」がいいのか、意外に「仏滅」よりも「赤口」のほうが悪いのか、入店するときの入射角は、そして反射角は、焦点距離の2倍には何があるのか、フェノールフタレイン液とはなんなのか。

 

そしてようやくスマホを買い替えた。iPhoneにするか、Androidにするか、あえて「矢文」を積極的に使っていくかの3択で最後まで迷ったが、最終的にはAndroidにした。新しいスマホは触っているだけで楽しい。そしてなにより、もうスマホを選ばなくていいというのが最高。ある意味で「釈放」と言ってもいいような気がする。さあ、明日はどんなアプリを入れようか。