微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

当たり前じゃない?

www.bengo4.com

 

1億円ばらまいたことで一躍有名になった前澤社長。「採用面接で有給消化率を聞くのは可愛げない」と発言して反発を食らっているらしい。

 

でも、普通に考えたらそう思うのって当たり前じゃない?

だってその会社入りたいっていう子が来てて、会社側は一緒に頑張ってくれる子を会社に入れたいわけじゃないですか。そんな中で「どんくらい休めますか?」って聞く子に対して「可愛げない」って思うの当たり前だよね。

 

 

中には「労働者が有給取得率を聞く権利もないのか!」って考える人もいると思う。それに関してはもちろん「権利はあるし、会社は答えるべき」と思うんだけど、でもわざわざ面接の場所で聞かなくていいよね。就活生にとってはアピールの場なんだから。

就活生が2人いて、「絶対入りたいんです!めちゃくちゃがんばります!」っていう子と「どんくらい休めますか?」って子がいて、後者に「可愛げない」って言ってるだけでしょ?

 

あの、1億円配ったやつもさ、蓋開けてみたら夢を語った人を当選させてて「インチキだ」とか「本当に必要な人に配ってほしかった」とか言う人がいたんだけど、だったら自分でやればよくないですかって話だよね。

 

なんかこう、ジャッジを自分でしましょうよって思うよね。小学生のときに給食のメニューを2つの中から選べるっていうイベントがあって、先生が出席番号順に一人ずつ聞いていくわけですよ。そうするとなんか知らないけど、最初の何人かが同じメニューを選んだのを皮切りにみんな片方のメニューしか選ばないのね。そして自分の番がきたときに本当は選びたい方じゃなくて、みんなが選んだ方を言ってしまい、後悔したことを思い出してしまう。

 

なんか話がずれたけど、前澤社長よがんばれ。剛力彩芽を月に連れて行ってくれ。

キングオブコント2018の感想

今年もキングオブコントの季節になった。ハナコの優勝で幕を閉じたこの大会。個人的には過去最高の面白さだったように思う。せっかくなので感想を書いておきたい。

 

やさしいズ「爆弾魔と清掃員」

審査員から「6番目に見たかった」と言われてたけど、本当にそのとおりだと思った。過去のキングオブコントや、それこそM-1からそうだと思うけど、こういう大会って得てして"序盤の爆発待ち"みたいな空気が絶対にあって、それに少なからず飲み込まれてしまったように思う。ネタの傾向も「爆弾をしかけた」という緊迫した状況の中で、それを「外す」ような軽いノリっていうのが、ある意味でお客さんの「タイミングを外す」ような"ゆるい変化球"的な面白さがあったような気がするんだけど、お客さんがまずしっかりとした"ストレート"を見ていないことが不運だった。ただそれについてしっかりと審査員から指摘があったこと、また終始松ちゃんから「やさしいズ」というコンビ名をいじってもらえたことは良かったと思う。

 

マヂカルラブリー「ループ」

"序盤の爆発待ち"を見事に打開してくれたのがこのコンビ。「あれ、これループしてない?」「映画とかで観たことあるけど、絶対ここじゃないでしょ」っていう部分はこのネタの起爆剤であったと同時に大会の起爆剤になった。ここでお客さんや審査員が一度大きく笑えたことで、あとのコンビのネタで笑いやすくなった。ネタ自体の発想も面白いし、野田クリスタル扮するおじさんのキャラも良い感じで変人で良い。村上がループに気づき、その後野田のおじさんがループに気づくと展開させ、最後は右端に行くとループするのを分からせてから「足を引っ張ってループをさせない」のがめちゃくちゃ面白かった。目に見える結果こそ出なかったが、この大会の影のMVPは彼らだったように思うので、この後もチャンスに恵まれてほしいなと思う。

 

ハナコ「犬のジョン」

結果的に優勝することになるトリオの一本目。この大会においては「面白い」ネタはたくさん観られたのだが、他のコンビのネタにない「良さ」を感じためちゃくちゃ良いネタだった。大竹さんが「本当に犬なんじゃないのか」と言っていたが、まさしく最高の演技で犬のジョンを演じた岡部の個人技が光りまくっていた。このネタ、実はネタの世界では誰も"ボケていない"し"ツッコんでいない"のがすごく面白い。ただただ「犬の演技」だけで大爆笑を誘ったという凄まじいネタである。

 

さらば青春の光「鼓舞の人」

ラストイヤーとして臨んだ今大会、惜しくも4位で最終決戦には進めなかったが、最終決戦でハナコ以外のネタがパッとしなかった中で、「もしもさらばが残っていたら」と思わずにはいられなかった。このネタもさらばらしい笑いのシステムとその魅せ方が光っていた。森田が描いたピラミッドの図を東ブクロがゆっくりと消し、そしてそこに再登場した森田がピラミッドを描くところで一発でこのコントの笑いどころを解らせるのはさすが。ハナコとは一点差で決勝には行けなかったのだが、このネタで次に進めないのはとにかくこの大会のレベルの高さを物語っている。仮に彼らが初登場だったら、インパクトの強さは倍増したかもしれないが、逆にここまで知られてる芸人が賞レース決勝レベルの面白いネタを量産できているのが驚異的とも言える。これでキングオブコントの卒業を公言しているが、かっこ悪くなんてないから、いつでも撤回してほしい。

 

だーりんず「パニックペイ」

良いネタだった。しかし勝負をするネタという意味では少しパンチに欠けていたようにも感じられた。少し話はずれるが、今回のキングオブコントで思ったことが一つある。かつてM-1グランプリでは大会の数が重ねられると、「M-1で勝つためのネタ」が突き詰められ、ボケの数を多くするという「手数論」というところに行き着いた。今回の大会を観て思ったのは、キングオブコントに関しては「一つの発想から何種類のボケを出せるか」というところに対してバリエーションのあるネタが強いように感じた。その意味で、「どれだけ早くどういうシステムかを理解させられるか」「発想の手数を何種類出せるか」という部分でだーりんずが他のコンビに比べると弱かったのかもしれない。年末のお笑い特番とかで観たら絶対めちゃくちゃ面白い。

 

 

後半へ続く。

 

 

気が向かなければ続かない。