読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

井の中の蛙大海を知らなくても

井の中の蛙大海を知らず」という言葉がある。

 

これ、「小さな井戸で満足して、大きな海を知らないダメなカエル」みたいな意味で使われているが、ふと思う。果たして大海を知る必要は本当にあるのか、と。

 

仮にこのカエルくんが井戸から出たとしよう。山を超え谷を超え、そして辿り着いた大きな海。「これが海か。これがその大きな海なのか」と感動に涙を流していると、後ろから一声。

 

「それ、東シナ海だよ。海としてはそこまでの大きさではないよ。海としてはね」

 

なんて言われたらどうだろうか。とてもムカつくだろう。そもそもこのカエルはどこ出身のカエルだったのか。九州地方かな? 知らねえけど。

 

そんなわけで、わたしがカエルなら井戸から出たくない。その井戸の中が幸せならば、その井戸こそが、カエルにとっての大海なのだ。

 

知らねえけど。

おふろ

引っ越しをしてからというもの、毎日お風呂に入っている。

 

前のアパートはと言うと、紹介してくれた不動産屋さんからも「あそこのお風呂に浸かるのは勇気がいる」と言われるほどで(ひどい言われよう)、このマンションに決めたのもお風呂が大きかったからというのが理由のひとつだ。

 

お風呂では本を読んでいる。最初はゲームの「ポケモン」を極めた人たちのインタビュー集をよんでいたのだが(よくよく考えたらなんじゃこりゃ)、読み終わってしまってからというもの、今では軽くお風呂で読むための本を探す毎日。

 

こうやって思うと、本にはお風呂に適した本と適さない本がある。上に書いたポケモンインタビュー本はお風呂に適した本だ。理由としてはインタビューが章ごとに分かれているので、没頭しすぎてのぼせることがないし、文章が会話で構成されているのでとても読みやすい。逆に適さないのは小説の類。過去にヘルマン・ヘッセの「車輪の下」をお風呂で読みきったことがあるが、ラストは読み終わるまで湯船から出られなかったし、小説のテイストからひどい喪失感に襲われたことを覚えている(単純に水分を喪失していただけかもしれないが)。

 

つーわけで、お風呂で読むための最適な本が欲しい。ベストはポケモンインタビュー集の続編を買うことだろうか。

エメラルドオオカマキリ

エメラルドオオカマキリというカマキリがいる。エメラルドオオカマキリのオスは夕方になると北北西に向かってカマを大きくかざすのだった。
一説によると、地球の自転を感知しているのだとか、磁場の影響だとか言われているのだが、真相は定かではない。しかしながらその方角の正しさはそこらのコンパスなんかよりよっぽど正確だから、現地の住民は森に入るときにエメラルドオオカマキリを忍ばせていくとも言われている。
ある探検家が遭難したときに、ふと目線の端にエメラルドオオカマキリを見つけた。これでやっと帰れる。夕方になりこのカマをかざしたら、そこから西の川の方向へと進めばいい。安心しきった探検家だったのだが、夕方になってもカマキリはびくともしない。死んだのか? はたまた夕方には早すぎる時間なのか? そんなことを考えていると、探検家はあることに気付いた。これはモスグリーンコカマキリだ。通りでなにも反応しないわけだ。
ガッカリした探検家は、ポケットからスマートフォンを取り出すと、実家に連絡を入れた。しばらくすると探検家の親が迎えに来てくれた。探検家は今、平和に暮らしている。