読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

他人の中の自分は他人のものだ

眠れないのでブログを書く。

ぼくは神経質だ。いや、完全な神経質な人からしたら部屋も汚いし、風呂だって面倒くさいときは次の日の朝に入るし、全然神経質じゃないかもしれない。けれどもまあ色々なことを気にしてしまう。

特に気にしてしまうのは他人にどう思われているか。人と接するときに、これを言ったらどう思われるか、これは言わないほうがよく思われるか、そんなことをいちいち考えてはくよくよめそめそしているような気がする。

しかしふと思う。他人の中の自分は他人のものじゃないかと。自分が思う自分と他人が思う自分が一致することなんてほとんどない。そして他人が思う自分は、そう簡単にコントロールできるものでもない。そもそもそれを装飾しようだなんておこがましい話で、他人が自分をどう思うかなんて他人が他人の思うままに思うことだ。

てなわけで、他人の中の自分に関しては、他人のものだと思い込み、ただただ自分は自分の中にある自分の好き勝手に生きていければいいなとは思うものの、そんな簡単なことではないなあと思い帰る。

いい加減寝ねば。