読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

自分なりのホトトギスを考えてみた

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス
「鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス
「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス


織田信長豊臣秀吉徳川家康の性格の違いを表した有名なホトトギスの俳句である。これについて、他にどんなホトトギスがあるかというのを考えてみた。

 

鳴かぬなら 一緒に死のう ホトトギス

連帯責任っていう。
「こっちも鳴きやすい環境用意してあげられなかったし」的な。
こういう上司の下で働きたい。

 

 

鳴かぬなら クーリングオフだよ ホトトギス

現代的な考え方。
七日以内ならいけるはずじゃ。 先ほどの動物屋に連絡せい」的な。
消費者センターに駆け込むみたいなのもアリ。

 

 

 

鳴かぬなら ナキゴエナシホトトギス

新種発見という発想。
自分の名前を入れちゃってもいい。

 

 

 

鳴かぬなら ただそこにいてくれ ホトトギス

もう存在だけで充分だっていう。
そもそも鳴き声で飼ってない場合もある。
「おれはホトトギスフォルムが好きなタイプなんで」みたいな。

 

 

鳴かぬなら 殺してしまえ ジュウシマツ

いや、なんかとばっちり来たっていう。
「え、僕っすか!?」みたいな感じで殺されてしまう。
ジュウシマツが不憫。



あなたならどんな句になるだろうか。
つーか鳴けよって話だけどね。


 

啼かなくていいホトトギス (中経の文庫)

啼かなくていいホトトギス (中経の文庫)