読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

先輩ブロガーとしてアドバイスをした話

昨日、おゆぬる (id:oyunuru)さんと会ってきた。
彼はもともと僕の友人で、最近はてなブログを始めた。
ぬるま湯の中より

そんな中で彼がブログに対する悩みがあるというので聞いてあげた。僕だってこのブログを始めてまだ3ヶ月ちょっとしか経ってないが、このブログの世界では一日でも早くブログを始めた方が先輩になるという鉄の掟がある。ここはブログの先輩として的確なアドバイスをして、迷える子羊を"迷ってないライオン"にしてあげる必要があるのだ。

おゆぬる(以下ゆ)「おれブログ書くのに凄い時間かかるんだよね」
僕「けっこうしっかりとした記事書いてるもんね」
ゆ「そうなんだよ。携帯のやつなんか10時間くらいかかってる」
僕「それは凄いね。おれなんかなるべく短い時間で書こうって意識してるよ」
ゆ「なんか自分のキャラに苦しめられてる気がする」
僕「ああ、分かる。自分が過去に書いてた内容に引っ張られるときあるよね。前はこう書いてたのにいきなりどうした?って思われるんじゃないかとか」
ゆ「そうそう。おれ今ブログ書く前にノートに意見まとめてから書いてるのね(バッグからノートを取り出す)」
僕「マジ? おお、すげえ。めっちゃ書いてある」
ゆ「だから面白いことを書こうと思っても、やっぱりやめよみたいになっちゃう」

彼の悩みというのは、今までしっかりとした記事を書いてきたが、凄く時間がかかってしまう。自分としてはゆるい感じのことも書きたいが、しかしいきなりスタイルを変えると、なんか変な感じになるんじゃないか、ということらしい。ひとまず悩みの内容は分かった。とにかく今までのスタイルを打ち破ればいいというわけだ。そうすればこれから先、過去の自分に縛られることもなくなる。というわけで僕が彼にしてあげたアドバイスがこれ。

僕「じゃあさ、いきなり『うんこ』って書けば?


そしてそれを実践したのがコチラ。


『表参道で何も買わないと、雰囲気イケメンになる話』 - ぬるま湯の中より




完全にスタイルを打ち破っている。
一匹のライオンが、この日生まれた。


 

スタイル DVD-BOXI

スタイル DVD-BOXI