読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

読者が30人になったよ

おかげさまで、読者が30人になりました。
読んでくれる人がいるっていうのは、正直嬉しいです。
せっかくなので、これまでのブログについてちょいと振り返ってみます。

色々な数字

f:id:bitansanshowyou:20141223235754p:plain

f:id:bitansanshowyou:20141223235922p:plain

 
ここまで書いた記事数は64個みたい。
9月の終わりから始めているので所要日数は3ヶ月ってところでしょうか。
おそらく他の人気ブロガーさんに比べれば全然大したことないんでしょうが、
自分としてはやっぱり嬉しいものです。
次は100記事書くまでに50人を目指して更新頑張ります。


ブログの更新が習慣になった

初めの方は2〜3日に1回くらいのペースでしか更新していなかったのですが、
ここ1ヶ月は毎日更新ができています。
毎日更新ができている要因はやはりスターブクマ読者登録の機能が大きいです。
書き手としてみると、読者から反応があることはやはり嬉しいこと。
ブログを書いて、スターがついて、嬉しくなってまたブログを書く。
そんな良い循環が生まれつつあります。

 

ブロガーにとって毎日は答え合わせ

こうやって毎日更新を続けていると、ブログはその答え合わせのように感じます。
「今日こういうことがありました、どうですか?」と書いた内容に対して、
スターがついたり、ブクマでコメントがつく。
結局ブログに書く内容というのは自分の内側にあるものなので、
そうなるとそれは自分自身を評価されているようなものです。

毎日それを続けていくと、
いつしか"毎日"の方をブログのために考えるようになります。
「今日あんなことあったな、ブログに書けるかな」とか、
「そういえばあれってああだよな、ブログに書けるかな」とか。
ブログがあると、毎日はそのネタ探しになります。
そんな毎日がとても楽しいです。


書くネタなんてなくなるはずがない

毎日更新すると言っても、そのネタがなくなることはありません。
だって明日になればまた明日分の"毎日"が更新されているから。
別に何か大事件が起きなくたってブログは書けます。
ふと思ったこととか、何気なく思い出したこととか、
友人と喋った内容でもブログのネタになります。
ネタを探そうとするから書けなくなるんです。
そこにある"毎日"をネタにすればいくらでもブログは書けます。

 

これからもブログを更新する

というわけでこれからもブログを更新します。
できればこのまま毎日更新を続けていきたいです。
毎日更新を続けていって、そして死を迎えたいです。
ただ唯一の心残りは、自分の死をブログに書けないことです。

そんときはイタコか。



 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記