読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

調子悪くて病院に行くと何でもない現象について

「なんか調子悪いなあ」と思っていざ病院に行くとなんでもない。
こんなことがたまにある。

この前なんか胃痛と頭痛が続いていて、ついに背中が痛み始めた。
ネットで調べると、
「胃痛の後に背中が痛い場合は注意が必要。
 最悪の場合、すい臓にがんが見つかるケースも」と書いてあった。

恐くなって会社を休んで病院に行った。
お医者さんに症状を告げると、背中を触られたり、
お腹を押して痛いところを聞かれたりした。

もしも大きな病気だったら僕はどうすればいいのだろうと思った。
嫁を残して僕が一人旅立つわけにはいかない。
これでも一人の男として、嫁を守っていかなければならないのだ。

そして先生は言った。
背中が痛いのは関係ないですね。湿布だしておきます


調子が悪くて病院に行くと、実は大したことがないということがある。
これについて、なぜこんなことが起きるのか。
考えに考え、ついに僕は今日一つの解答に辿り着いた。

「病院の待合室には、回復魔法がかけられてある」

家にいるときは確かに体調が悪かったのだ。
それでも病院に行くと「なんでもないですね」と言われてしまう。
おかしいではないか。
では、この間に何があるか。それは待合室だ。
先生の待つ診察室の前に、なんらかの効果で病気が治っているとしか思えない。
だから先生は「まあ診察室の時点でだいたい治ってるけど」とか思いながら、
「一応薬出しておきますね」と言い放つのだ。

病院の待合室は盲点だった。
確かに診察室に辿り着くには、待合室を通過する必要がある。
もしかして、あの受付してから異常に時間がかかるのも、
待合室である程度の時間拘束しておくためなのかもしれない。


背中の痛みについては湿布ですぐ良くなった。




 

ブラックジャックによろしく 1

ブラックジャックによろしく 1