読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

クレジットカード生活の3つのメリットと1つのデメリット

クレジットカード生活に移行して、おおよそ1年経つ。
ここで言うクレジットカード生活とは、
日常のほぼ全ての支払いをクレジットカードで支払うことを意味する。

僕も最初は色々と恐い部分もあったのだが、
ハワイに旅行に行ったときに小銭がめんどくさくて、
(というかどれが何セントなのか分からなかった)
クレジットカードで払ってたら思った以上に快適で。
それから日本でもクレジットカード生活に移行した。

☆☆

まずはメリットを挙げる。


思った以上にレジがラク

まずこれは狙いどおりだったのだが、レジの支払いがとてもラクになった。
今ではコンビニで100円のガムを買うのもクレジットカードで支払っているが、
サインも暗証番号も入力しなくて良いのでとても快適だ。

小銭入れから小銭をジャラジャラ選んで支払い、
またお釣りをジャラジャラ受け取るってことをしなくていい。
買い物において、そこの面倒くささがストレスだったことを思い知る。

思った以上にマイルが貯まる

おおよそ1年間、ほぼ全ての支払いをクレジットカードで払うことで、
思った以上にマイルが貯まった。
全てのマイル・ポイントを合算すると3万ポイント近くになった。

生活費として食費から光熱費から交通費まで、
毎月10〜12万円をクレジットカードで支払うことになるので、
それ相応のマイルが定期的に貯まることになる。
特に意識せずにそれだけのポイントを取得できたのは正直嬉しい。

思った以上に明細が助かる

そしてこの3つめが意外と大きいメリットなのだが、
毎月の利用明細が確認できることがとても便利に感じた。
お金を貯められる人は自分の支出金額を管理しているとよく聞くが、
僕みたいに怠惰な人間は自分の支出なんて記録できない。
もちろん嫁の支出もあるので、以前はうちのお財布はブラックボックスだった。

でもクレジットカードを通すと、その利用明細が毎月確認できるので、
何にいくら使っているか、把握できるのが大きい。
事実、使いすぎた次の月は「外食を控えよう」ということもあったし、
それで支出を絞ることができた部分もあると思う。

☆☆☆

 

以上の通り、クレジットカード生活に移行して、メリットは大きいと思った。
よく「クレジットカードはお金を使いすぎてしまう」という意見をよく聞くが、
明細を確認できるようになったので、僕は逆に支出が減ったように思う。
Webで随時確認できるのもいいところで、定期的に確認するようにしている。
もちろん嫁の支出も明細に載ってくるので、家族で生活費を管理できる。
やっぱり明細が記録されている点は、自分にとって大きなメリットだった。

☆☆☆

 それでは一方のデメリットはどうか。
僕の感じるデメリットは以下の1点だ。

 

500円玉貯金ができなくなった。

そう、まったくできなくなった。
だって小銭使わないんだもん。
僕は嫁からして「ストイックすぎる!」と言われるほどの500円玉貯金者で、
なんなら500円を使いたくなさすぎて、空腹を我慢できるほどだった。
この3年間で10万円貯まる缶が2つ貯まったのが僕の自慢で、
「次はもっと!」と思って30万円貯まるビッグサイズを購入したのに、
クレジットカード生活になってから、まったく500円が貯まらなくなった。

これはクレジットカード会社の盲点であり、改善点だと思う。
クレジットカード会社は500円貯金者のことをまったく考えてない。
確かにお釣りで小銭をジャラジャラもらうのは嫌だ。
でも500円玉は欲しいのだ。
なんかわかんないけど、「良かったらどうぞ」みたいな感じで
500円だけくれればいいのに

☆☆☆

 

というわけで、個人的にはクレジットカード生活はおすすめだ。
クレジットカードが使えないと悲しい気分になるし、
そのせいで一度大ピンチに陥ったこともある。

最後に、ここまでクレジットカードをおすすめしてきたので、
誤解を招かないために一言だけ言っておきたいが、


楽天カードマンは僕じゃない。