読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

怒りに義務感を感じてしまう

友人と「怒り」について話した。
テーマは「いつ怒るか、そしていつ怒りが収まるか」みたいな。

そこで気づいたのは、
自分は「怒りに義務感を感じているんじゃないか」ということ。

例えば誰かに何かを言われたとき。
僕はその場で「怒り」になって感情的になることは少ない。
でも後から「そういえばあんなこと言うのおかしくない?」となり、
だんだんとムカついていくことが凄く多い。

このときに僕の中で行われているのは以下の流れ。

1.行為に対する評価
2.1の評価に対する怒りの度合いの決定

誰かに何かを言われた場合、
まずそれが、どれほど悪いことなのかをひたすら考える。
立場とか、状況とか、一般的に考えて、
怒るべきポイントがどれくらいあるかを考える。
そしてそのポイントに対して、自分の「怒り」の度合いを調整していく。


こんなことをやってるから、僕は怒りが収まるタイミングがほぼない。
自分の中で「怒り」に対する評価が決定しているので、
いくら時間が経ったからって、「あいつはこれをしたからムカつく」と、
いつでも思い出してイライラできる。
どこかで「自分は怒っていなきゃいけない」と思ってるんだと思う。

そういう自分を振り返って、凄い損をしてるような気がしてくる。
怒ってるのなんて凄い疲れるし、ストレスになる。
結局のところ、「許せる」ってことが一つの能力であり、
その能力が僕には欠けていると思ってしまう。


そんな自分に、激おこぷんぷん丸だ。