読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

授業中にトイレに行っていた学生時代

学生時代、僕はうんちがしたくなると授業中にトイレに行っていた。
これは「授業中だろうが関係なくトイレに行った」という意味ではない。
「授業中にしかトイレに行かなかった」という意味である。

なんなら、休み時間にうんちしたくなった場合は、頑張って我慢して、
わざわざ授業が始まってからうんちをしにトイレに行っていた。

なぜ授業中にトイレに行くか。
それは休み時間にうんちをするのが恥ずかしいからだ。

「授業中にトイレに行く方が恥ずかしいじゃないか」
という意見もあるかもしれない。
でも僕にとって、授業中に席を立ってトイレに行くことは、
あまり恥ずかしいことではなかった。

もちろんクラスの全員に「あいつうんこしに行きやがった」
と思われるのも理解している。
けれど僕にとって本当に恥ずかしいのは、
自分が個室に入っているときに、誰かがトイレに入ってくることだった。

今考えれば自分でもその理由がよくわからない。
個室から出るところを見られたくなかったからなのか、
はたまたそこにいる誰かに、個室にいることを知られたくないからなのか。
明確な理由ははっきりしないが、とにかくそれが恥ずかしかったのだ。

だから僕は休み時間にトイレに行くことを避け、
授業中にトイレに行くことを選んだ。


誰かこの考えを理解してくれる人はいないものか。
さもなければ、僕は世界でひとりぼっちになってしまう。

 

すなわち、便所は宇宙である

すなわち、便所は宇宙である