読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

併読のススメ

図書館から本を借りてきた。冊数は五冊。それらの本をほぼ同時に読み進めている。 居間に本を積んでおき、そのときの気分で一つを手に取る。何ページか読んだら一旦閉じて休憩。そして今度はまたそのときの気分でどれか一つを選ぶ。 なんとなく本は一冊を読…

映画を「途中でやめちゃって良い」鑑賞法

今まで悩んでいたことがある。それは映画を観るのが億劫だったことだ。 休みの日に「今日は映画でも観ようかな」と思ってレンタルショップに行く。レンタルショップで色々な映画の棚を見て回る。「これ、面白いらしいな」「あ、これ観たかったんだよな」。そ…

おばさんは混沌の覇者

わけあって自分の母親とその友人たちの飲み会に顔を出すことになったのだが、そこで信じられない光景を見た。それはお会計のときのこと。確か値段は2万とちょっとだったと思う。まず、母親たちはそれを6人で割ると言い始めた。「20000÷6は!? ねえ、20000÷6…

さしすせその再考を要求する

今週のお題「調味料」 よく調味料と言うと「さしすせそ」というが、やっぱりどう考えてみても「みそ」が「そ」だというのは納得できない。確かに「さとう」「しお」「す」くらいまでは上手くいったのだろう。おそらくこの時点では相当テンションが上がったは…

シシド・カフカの名前について

今日ふと思ったこと。シシド・カフカという歌手がいる。あのドラムを叩くCMで有名な女性だ。この名前なんだけど、 シシド・カフカ ↓ シーサイド・カフカ ↓海辺のカフカ になる。「これは大発見をした。ノーベルカフカ賞ものだ」と思って調べてみたのだが、ど…

記憶の計算式が知りたい

覚えようとしなくても覚えてしまうものって多い。例えば「排他的経済水域」という言葉がある。あれは小学校のときの社会の時間だったか。先生が口にした「排他的経済水域」という言葉を耳にした瞬間、もう二度と忘れないと思った。これに関しては絶対「音」…

ついにアリエールがそれを認めた

アリエールのCMを観て驚愕した。 子どもの衣服にウイルスが着くこと、ありえーる。合わせてスプレータイプも、ありえーるでしょ。 「アリエール」という名称を聞いて誰もが思うこと。それは、「"アリエール"と"あり得る"という言葉は似ている」ということだ…

ブックオフで本を売ると、意外と高く売れる

最近、本棚の整理としてブックオフに本を売りに行ってきた。これがなかなかどうして高く売れたのでそれについて書いてみる。そのときのレシートがこんな感じ。 まあ高く売れたと言っても2850円なのだが、でもぼくの中では「高く売れたなあ」と思える値段では…

2014年を振り返っておくことにする

2015年になる前に、2014年を振り返っておくことにする。この記事は完全に自分の棚卸し的に書くので、つまらないかもしれません。 仕事について 2014年になる1月は、客先で作業をしていた。初めての客先作業だったのだけれども、その作業場所にはウチの会社か…

「この後スタッフが美味しくいただきました」が嫌い

バラエティ番組で食べ物を扱ったときに出るテロップ。「この後スタッフが美味しくいただきました」というのが嫌いだ。「本当は食べてない!」とか「偽善だ!」とかそういうものの前に、単純に気持ち悪い。誰かに投げつけたパイとか、床に落ちた野菜とか。そ…

食べ過ぎると飽きる

この前、昨日のご飯の残りをぱくぱく食べてたら、嫁にこんなことを言われた。「あんたってあんまり飽きとかないよね」確かにそうだ。僕は食べ物に関して飽きるということがあまりない。昔はよく、母親に連れられてスーパーに行くと「今日なに食べたい?」と…

調子悪くて病院に行くと何でもない現象について

「なんか調子悪いなあ」と思っていざ病院に行くとなんでもない。こんなことがたまにある。この前なんか胃痛と頭痛が続いていて、ついに背中が痛み始めた。ネットで調べると、「胃痛の後に背中が痛い場合は注意が必要。 最悪の場合、すい臓にがんが見つかるケ…

座るときに使う魔法

よっこいしょ。よっこらせ。どっこいしょ。座るときに思わず言ってしまう言葉たちである。ふと僕は思った。外国人は座るときなんて言ってるんだろう、と。なんか調べてみると色々出てきた。 <a href="http://ejje.weblio.jp/content/%E3%82%88%E3%81%84%E3%81%97%E3%82%87" data-mce-href="http://ejje.weblio.jp/content/%E3%82%88%E3%81%84%E3%81%97%E3%82%87">よいしょの英語・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書</a>

引っ越し見積もりが思ってたのと違った話

引っ越しをするので、見積もりに来てもらった。この家には僕も嫁も実家から移り住んで来たので、引っ越しという引っ越しは初めての経験。それなりにてんやわんやしながら、引っ越し訪問見積もりの当日を迎えた。とりあえず見積もりが終わったので、一通りの…

Tポイントマジックファンタジー

この世のTポイントを集めたら、ファミリーマート買収できんじゃねえか。そんなことを思いついた今日の午後。少しばかり調べてみたところ、Tポイントは分からないけど、この世のポイントやマイルの類を集めたら一兆円ほどになるそうだ。この一兆円、一兆円と…

一日一歩進むには、一日一歩歩くのでは足りない

三百六十五歩のマーチという歌がある。 幸せは歩いてこない だから歩いていくんだね というあれだ。その歌について、思ったことがある。歌詞の中にある「一日一歩、三日で三歩」という通り、この歌からは毎日少しずつでも継続していくことの大切さ。そんなこ…

怒りに義務感を感じてしまう

友人と「怒り」について話した。テーマは「いつ怒るか、そしていつ怒りが収まるか」みたいな。そこで気づいたのは、自分は「怒りに義務感を感じているんじゃないか」ということ。例えば誰かに何かを言われたとき。僕はその場で「怒り」になって感情的になる…

占いをめっちゃ信じることにしてる

僕は占いを結構信じてる。たまに「血液型だけで性格が分かるはずない」みたいに言う人いるけど、「当たり前だろ。生年月日と名前もあっから」と思ってる。占いは統計学らしい。さっきテレビでゲッターズ飯田さんも言ってた。「5000人占ったら当たるようにな…

靴べら運がない話

そういえば、僕には靴べら運がない。会社では室内用のスリッパを履いているのだが、そこからまた革靴に履き替える際に、靴べらが欲しいと思った。最初に買ったのは木製の靴べらだった。キーホルダーみたいになっていて、机の中からサッと取り出してシュッと…

将棋は囲いの差が勝負の差になるらしい

友人と将棋を指した。インターネットでSkypeを繋ぎながらやった。友人は「矢倉」という囲いを使ってきた。僕はといえば、そういうのは知らなかったので、適当。あえて言うのであれば「微炭酸のしょう油囲い」と言うべきか。中盤、僕は「銀」を犠牲にして、「…

すごいことに気づいてしまった -鳥居みゆきと阿部寛の非因果的な共時性

すごいことに気づいてしまった。以下の動画を観て頂きたい。 【公式】セキスイハイムCM あったか家族篇 - YouTube 鳥居みゆき お笑い登竜門 - YouTube お気づきだろうか。 かえりたーい、かえりたーい、あったかホームがまっている ヒットエンドラーン、ヒッ…

新聞には「トップ画面」がない

今日は新聞を買ってきて読んだ。別に毎日買ってるわけではないし、新聞を読む習慣なんて無いのだけど、社会のことを知ろうという気持ちが30%。そして休日の朝から新聞を読んでたらかっこいいだろうという気持ちが70%で、近くのコンビニに行き、新聞を買っ…