微炭酸のしょう油

やわらかいところ、刺してもいいですか?

89分に訪れた必然

ナポリーユベントスが素晴らしかった。試合開始から80分を過ぎたときに、それでも相手のDFラインにプレスをかけるナポリのメンバーがとても美しかった。フィールドの11人が、監督が、ベンチメンバーが、そしてサポーターたちが。まるで全員の勝ちたいという…

ただ勝利のためだけでなく

横浜ベイスターズの本を読み終わった。最近思うけど、スポーツって「勝利」を観るためのものではないよね。自分の応援するチームがあって、勝ったら観て良かった、負けたら観なきゃ良かったって、そんなギャンブルをしているわけじゃない。 この負けがあるか…

メロンの苗

庭に植える花や野菜の苗などを買いにでかけた。今日買ったのはメロンの苗。なぜならばメロンが好きだから。ひとまず買ったはいいものの、そもそも一本買ってきてどこに植えようかという問題が解決していない。なかなかに拾い庭にメロンの苗一本。「始めたて…

楽しい飲み会

飲み会とは書いたものの、4人のうちお酒を飲んでたのはぼくを入れて2人だけ。しかも生おかわりー!って感じでもなく、料理の間にちょびちょび飲んでただけ。 つまりこれは飲み会ではなく晩餐会だったというわけだ。 「金曜の夜ひま?」 「ごめん、その日晩餐…

サッカーに必要なもの

職場のサッカー部の練習があった。参加人数は4人。しかもその中の1人は助っ人で来てくれる実際には違う職場の人。 「まだみんな来てない感じすか?」 「いや、、、これでぜんぶですね」 「え」 「というかよく3人来たなっていうか、、、」 「あ、そうなんで…

スポーツ中毒者にならんとす

DAZNに加入してから毎週末、横浜F・マリノスと栃木SCの試合を観ている。また、海外サッカーも配信されるため、セリエAではラツィオ、プレミアではマンチェスター・シティを応援し始めた。更には自転車レースのシーズンになったので、レースがある日は夜の12…

ラーメン屋に必要なもの

今日、家から近いところにネットでの評価が高いラーメン屋があったので行ってみた。新しくできたと聞いていたのだが、外観は少しばかり古めかしく、というかかなりボロっちく、しかしながらも駐車場は満車ということで、「こんなボロっちい外観で人いっぱい…

ミスターよりもシスター

今日モニタリングに長嶋一茂が出ていた。 「元プロ野球選手の長嶋一茂さん。父親はもちろんあのミスター」 というナレーションがつけられていた。 そこに一緒にテレビを観ていた嫁が一言。 「この人って長島三奈の兄弟?」 ミスターよりそっちなんかい。

おれが麦茶に何かしたか? いやしてない。

麦茶がおいしい。 夏の水分補給方法と言えば、最近ではスポーツドリンクを薄めたものとか、ハチミツとレモンを絞ったオリジナルドリンクとかいろいろあるが、それでもやっぱり麦茶はおいしい。 風呂から出て、冷蔵庫を開け(わざわざ書いてないがこの間でもち…

ダイゴウメハラ

ダイゴウメハラの動画をYouTubeで観ることにハマっている。 彼の考え方がとても好きだ。 彼は「決め付け」ない。 格闘ゲームにおいて、一般的な相性で不利と言われている相手と闘うときも、彼はこう考えるらしい。「果たしてそうか」と。 確かに普通に闘えば…

M-1グランプリ2016の感想

めちゃくちゃ面白かった。漫才って凄い。以下感想。 アキナ 丁寧な漫才だった。真正面から良い漫才したので、ストンと大会が落ち着いたように思えた。アキナがトップで本当に素晴らしかった。 カミナリ 初めて見た。途中からもうツッコミを待っちゃう自分が…

スマホをやめるには、他の何かで防ぐしかない

スマホがやめられない。 目が悪くなる、指が痛くなる、疲れが溜まる、頭が悪くなる。 そんな実感が襲う中でも、どうしてもスマホがやめられない。 テレビを観ててもスマホ、ゲームをしててもスマホ、嫁と喋るときもスマホ、ご飯食べるときもスマホ。 なにを…

IPPON

すげえなあ。芸人の、ひいては笑いの凄さを感じる番組。 一応じぶんも答え考えたりするじゃないですか。でもそれを軽々しく超えてくる芸人の答え。いやー、すげえなあ。もっとすげえと思われてほしい。芸人ってすげえって思われてほしい。 そんでこの番組や…

流行語大賞

流行語大賞。色々と言葉が並び、あれが入ってる、あれが入っていないと小騒ぎしてる。 例えば今の時代、Twitterを使えば本当に流行した単語くらい分かりそうなもんだ。いわゆるビッグデータ的なことで、もっとも使用された単語を上から見てみたいとも思う。 …

「なんのへんてつもない普通のボールペン持ってない?」 「はい」 「いや、これ太さ0.35じゃん」

その怒声に愛はあるか

この前公園に行った。比較的大きな、河川敷の運動公園。嫁と2人で行くあてもなくドライブをしていたらたどり着いただけの公園だったが、ひとまずぶらぶらと歩いてみることとした。 そこでは少年サッカーの試合が行われていた。小学生だろう。小さな体とぶか…

新聞は大人のジャンプだ

「新聞は大人のジャンプだから」 就職活動中にこんなことを言われたことがある。当時はそんなことを言われても、新聞なんて読んでも面白いことないし、定期購読するお金がもったいないし、結局ぜんぜん読むこともなかったのだけれでも、今ではその意味がなん…

落語おもしろい

図書館で立川談志のCDを借りてきて、通勤のときに聴いてみた。 落語の「面白さ」とはなにか。「面白い」と聞くと、「ゲラゲラ笑える」ことを想像してしまうが、落語の「面白さ」ってそっちじゃない。確かにちょっとしたギャグも中にはあるけど、落語の「面白…

総しくじり先生化

しくじり先生が面白い。オリラジあっちゃんの歴史のやつなんて特に面白くて、学校の授業もあんな感じでやってくれればと思った。 あれがなんで面白いって、興味がずっと続くからだと思う。「その理由は次のページ!」ってめくるとその答えが書いてある。こう…

サッカー

サッカーが楽しい。今の職場に入って、ものの数日でサッカー経験者ということがバレ、職場のサッカー部なるものに入れられた。聞けばほぼ経験者がいないらしく、小中高までやってるだけでエース候補だという。 てなわけで月に何回か試合に出場している。思え…

プールクエスト

プールに通ってる。最近引っ越して近くに市営のプールがあるので何回か行ってみたのだがこれがいい。昔もスイミングスクールに通っていた私。「顔を水につけることができる」から始まり、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ、ドラゴン、ケロベロス、リヴ…

昼休み

職場の昼休み、することがない。前の会社ではラジオを聴きながらそこらへんをぷらぷら歩くのが好きだったのだが、今の職場では周りに人がいなさすぎて散歩してると目立つことからなかなか外を出歩けない。 というわけでiPhoneのメモ帳でも使ってブログでも書…

手は止めるなよ

美容室に行くときは本を持っていく。以前はサッカーの、特にJリーグの話ができる美容師さんに髪を切ってもらっていたため、美容師さんとの会話をすこぶる楽しんでいたのだが、引っ越しをしてからというもの、初対面の美容師さんとまた一から関係性を構築する…

井の中の蛙大海を知らなくても

「井の中の蛙大海を知らず」という言葉がある。 これ、「小さな井戸で満足して、大きな海を知らないダメなカエル」みたいな意味で使われているが、ふと思う。果たして大海を知る必要は本当にあるのか、と。 仮にこのカエルくんが井戸から出たとしよう。山を…

おふろ

引っ越しをしてからというもの、毎日お風呂に入っている。 前のアパートはと言うと、紹介してくれた不動産屋さんからも「あそこのお風呂に浸かるのは勇気がいる」と言われるほどで(ひどい言われよう)、このマンションに決めたのもお風呂が大きかったからと…

エメラルドオオカマキリ

エメラルドオオカマキリというカマキリがいる。エメラルドオオカマキリのオスは夕方になると北北西に向かってカマを大きくかざすのだった。一説によると、地球の自転を感知しているのだとか、磁場の影響だとか言われているのだが、真相は定かではない。しか…

他人の中の自分は他人のものだ

眠れないのでブログを書く。ぼくは神経質だ。いや、完全な神経質な人からしたら部屋も汚いし、風呂だって面倒くさいときは次の日の朝に入るし、全然神経質じゃないかもしれない。けれどもまあ色々なことを気にしてしまう。特に気にしてしまうのは他人にどう…

「夢をかなえるサッカーノート」の感想

夢をかなえるサッカーノート 作者: 中村俊輔 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/09/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 9人 クリック: 182回 この商品を含むブログ (31件) を見る サッカー選手、中村俊輔が書いた本。本屋さんでは俊輔が実際に…

併読のススメ

図書館から本を借りてきた。冊数は五冊。それらの本をほぼ同時に読み進めている。 居間に本を積んでおき、そのときの気分で一つを手に取る。何ページか読んだら一旦閉じて休憩。そして今度はまたそのときの気分でどれか一つを選ぶ。 なんとなく本は一冊を読…

THE MANZAI2015の感想

「賞レース」から「マスターたちの祭典」にレベルアップしたと言われるこの番組。自分でレベルアップと言い切ってしまうところがまた凄いところであるが、レベルがアップしてるのかダウンしてるのかは興味ないので、まあいいでしょう。 これまでの賞レースと…